20‐twenty‐’s antique collection

20‐twenty‐のシンボルマークであるアンティークドア。1900年代初頭にフランスの郊外の邸宅で実際に使用されていたもの。

英国王室御用達のジョーンズ製アンティークミシン。足踏み部分が付いているものは珍しく、調整すれば今でも使うことが出来る。

アンティークのショーケース。真空管式のライトが、ディスプレイしたアイテムを柔らかく包む。

20‐twenty‐のアンティークアイテムにニューフェイスが登場。炭焼きで仕立てられたカウンター。シンプルながらも心をつかむ一品。

1960年代のドイツの工場で実際に使用されていたインダストリアルランプ。機能的で美しい曲線と使い込まれた雰囲気が特徴。

1950年のアメリカ製ランプ。ランプシェードのゴブラン柄がどこまでも優しい表情に。

イギリスのCavalier製シルバートレイ。エリザベス女王の即位25周年、シルバージュビリーを記念したデザイン。

1950年代のイギリスのシェルフ。当時イギリスで流行したアールデコを基調に存在感のあるフォルムながらもどこか華奢なイメージ。

1960年代のスペインのシャンデリア。クリスタルの美しさもさることながら、ほどよく小ぶりなサイズ感も魅力。

アンティークの机上ランプ。不透明なランプシェードから漏れる柔らかな光が、見る人の心をほっと和ませてくれる。